あるがままに

モノには重さがある。

どんなモノにでも重さがあり、私たちはその中で生きている。

私たちの身体にも重さがあるが、あまりに当たり前過ぎて改めて考えることもなかっただろう。

しかし、あなたのその姿勢、歩き方、動作・・・、それは重さに逆らったものだろうか、それとも重さと共にあるものだろうか?

もし重さに逆らっているなら、なんて効率が悪いだろうか。

重さが味方になる在り方とはどんなものだろうか?

重さは常に地球の中心へと向かっている。重さは常に働いている。

そして、私たちが地球に立っているなら、抗力が発生する。

抗力とは重力に対して拮抗している力だ。重力を反射している。

重力が味方になるには、この抗力を知る必要がある。

私たちは抗力の存在を無視していることが多い。だから重力の意味も分からない。

抗力が分かるようになると、重力を味方につけ、楽な動作(生き方)に変わる。

私たち(人間)ができることはほんの少しだ。人間が重力を発生させているわけでもない。

重力は宇宙、自然の法則に従って、生まれ、そして消えていく。

人間ができることは、その力を少し借りることだ。

抗力というのは自分が重さの力を少し分けてもらったということだ。

だから、抗力は宇宙、自然からの贈り物だ。

その抗力が上手く身体を貫き、体のために使うことができるなら、体は健康になる。そして楽に生きられる。

不要な力を入れることもなく、自分に起こること(問題なども)を解消することができる。

解消するのは、宇宙、自然だ。人間は不要な力を抜き、味わうことだ。

人間の道は、宇宙、自然の道に通じている。人間は宇宙、自然の中に生まれたのだから当たり前だ。

だから、重さは人間の味方になる。

今の生き方は重さ(人生に起こる出来事)に抵抗しているのか、それとも波に乗るように重さを味方につけて生きているだろうか。

あるがままに生きるとは、宇宙、自然の理の中で、それと共に楽々と生きることだ。






アイムコーチング

苫米地式コーチング認定コーチである笠原一星が、苫米地式コーチングを提供しているサイトです。コーチングによって新しい自分に生まれ変わるお手伝いを致します。