コーチとの縁

コーチは友達ではない。むしろ家族以上に強い味方のことを言う。

コーチは間(ま)を大切にするので、不要な介入はしない。

クライアントが望んでいること(社会一般に許されるものなら)を見守りながら、力添えをする。

なので、コーチはクライアントに一切の否定をしない。

クライアントへ絶え間なく流れる力(エネルギー)は、クライアントが自らを変革することを可能にさせる。

友達はときに嫉妬を起こし、足を引っ張ることがある。自分よりも優れているところを見たとき、その人が変わろうとするのを阻止する。

縄張りを維持したい気持ちが勝手に働くからだ。

表面的にはサポートしてくれているようで、実は裏で足を引っ張ることなどは日常茶飯事に起きている。

特に親からの嫉妬は強力な場合がある。表と裏があることで、人は混乱するのだ。

表で援助し、裏で嫉妬するならそのような(チクハグな)人はコーチではない。

だからコーチは友達、家族以上の存在になるし、絶対的に味方になる。

このようなコーチとの縁は本当に求めていないと結ばれない。

コーチとの縁は一生ものだ。自分の人生に本当の意味で味方になってくれる存在がいることは、強い安定’(安心)感と新しいことに踏み出す勇気を与えてくれるのだ。

アイムコーチング

苫米地式コーチング認定コーチである笠原一星が、苫米地式コーチングを提供しているサイトです。コーチングによって新しい自分に生まれ変わるお手伝いを致します。