ゼロと無限

どんな時でも「間」というのは大事だ。

話しをするとき、間を間違うと話が分かりにくくなるし、言いたいことが伝わらない。

電車の中でもパーソナルスペースは大事だ。あまりに窮屈なのは苦痛になる。

何事も適切な間というものがあるし、間がズレると違和感を覚える。

少なくとも身体はそれに敏感だ。

頭で考えだすと間が取れなくなることがある。身体では間がとれるのに頭が邪魔をするのだ。

親しい人と会話するときは、間が小さくて済むし、知らない人と会話するなら間を空けて接するかもしれない。間は他者との関係性、今の状況などすべてを考慮したときに適切なものがある。

無限のバリエーションがあるなかで、これだ!という間を見つけることができる。

適切な間というのは答えがいくつもあるようなものではない。実際には1つと言っていい。

しかし、1つだからと言って、無限のバリエーションの間を否定することもない。

適切な1つが分かっていながら、無限の自由度も持っていることが本当に自由なのだ。

社会や教育(実際には科学至上主義と言える)に毒されると、問題を見つけ答えを出そうとする思考パターンが組み込まれる。

それによって評価され、価値は数値化される。

そして比較される「人間」というもので社会ができあがる。

そのような社会に組み込まれたら窮屈で大変だ。社会とも適切な間というものがあることを知る必要がある。

適切な間を知るには、自分の中心に敏感になっている必要がある。

自分の中心とは、「ゼロ」のことだ。しかし、「無」ということではない。

物体の重心は常に点で、それは面積ゼロだ。しかし、このゼロは「無い」わけではなく絶対に「在る」のだ。

ゼロはあらゆる状態を網羅するからゼロなのだ。

例えば、いろんな光が混ざり合うと透明になる。無色だけど光はそこに「在る」。

ゼロとはそういうもので、すべてを含んでいるので、ゼロになる。

モノの重心もまた、モノの全体を掌握しているから重心が決まる。すべてを足すとゼロ(重心の意味)になるのだ。

だから、ゼロになるとは何かを失うことではなく、すべてを統合して掌握できたことを意味する。

ゼロとはそもそも無限を意味するのだ。

ゼロになるからこそ全体になれる。無我になるからこそ大きな自分が目覚める。

だから自分という(人格的、思考的、感情的・・にバラバラな)ものを統合して、1つに統合したならそれはゼロになる。そして、大きな自分(本当の自分)が目覚めるスペースができる。

これは自分の中で適切な間というものを見つけることで起こることだ。

自分と対話するとは、単に自己分析することではなく、自分のあらゆる側面との適切な間をとり、その全体を掌握するポイントを探ることなのだ。

そうやって初めて自分というものが成長できる。

本当の成長とは単に何かを知ったり、記憶したり、知識が増えてできることが増える、ことではない。

それは社会的に必要なことかもしれないが、それだけのために「ここ」に居るのではない。

自分を磨く、魂を磨く、というがそれはまさに自分の中の中心(ゼロであり無限であるもの)に出合うためにすることなのだ。




アイムコーチング

苫米地式コーチング認定コーチである笠原一星が、苫米地式コーチングを提供しているサイトです。コーチングによって新しい自分に生まれ変わるお手伝いを致します。