ライフワーク

人生で本当にする価値のあることは何だろうか?

その答えを簡単に言うなら自分の中心を見つけ、磨き、表現することだ。

そう考えると人生はとてもシンプルだ。

何か複雑なことしないといけないとか、素晴らしい成果を残さないととか、頑張って努力して注目を浴びたいとか、・・このようなことは自分の中心から出てくるようなものではない。

人生に混乱をもたらし、道に迷い、本来歩むはずだった道に障害をもたらす。

もしこのような価値観が自分の中にあるなら、それは洗脳されている証だ。

親の教育によるものか、学校教育なのか、自分の中の劣等感によるものか、・・・多くの複合的要因によって人は洗脳される。

洗脳とは、自分が中心を見失っている状態だ。

洗脳を解くには自分の中心を見つけ、それをじっくり練ることだ。

単に自分の中心を一回や二回見つけたぐらいでは、人生に影響はあまりない。

人生は積み重ねの賜物だからだ。

時には自分の中心を見失い、外すこともあるが、その戻り方を知っておく必要がある。

※コーチングを受ける前に自分の中心の位置を知り、戻り方を習得しておくのは良いことだ。例えば「AIM意識の覚醒ワーク」はそのための方法を提供している。

何度も中心を外し、そして戻ることをしていると、次第に中心からのズレ(振動しているが)が小さくなってくる。

自分の中心から生きることが標準化してくると、その人は洗脳されにくい。なぜなら、自我が薄まるからだ。

もちろん中心から生きるときのレベル(深さ)というものがあるから、ここでは薄まると表現した。

洗脳されにくいので、自分の言葉というものが出てくる。他者から与えられた情報は鵜呑みにしないが、それを踏まえて自分の頭で考えられるようになる。

自分の言葉が出るようになると、そこに筋の通った話が現れる。

自分を極めていくこととは、自分の中心を見つけ、磨き(外れたら戻り)、表現することだ。

それができれば、自ずと自分のライフワーク(人生を掛けてやりたいこと)が見えてくる。

それは頑張ることでもないが、華やかなものでもない。楽なこともあれば、厳しいこともある。やっている本人は軸がぶれることがないので、淡々とこなすことになる。

重要なことは、自分はそれをやることが腑に落ちて(宇宙で最も)価値のあることだと心の底から思えることなのだ。他人の評価などどうでもいいのだ。

だが、本当にこれを極めていくなら、本当の意味で他人の利益になってくる。

それは自分の中心に行けば行くほど、自我が薄くなり、小さな自分(個人)という意識が消えていく。そして全体(大きな自分であり無我であるもの)を自分とするにようなるからだ。

人助けといったものは、自分の中心が極まったときに自ずとできるようになるのだ。

だからそんなことを最初から自分の中心に置いてはだめだ。

まずは自分の中心を知り、何度も外れるが戻りながら深め、少しずつ表現していくのだ。

そのようなことをやっていると必ずそれを認めてくれる人が出てくる。

その時、人生は一人で歩んでいるのではないことに気づくのだ。



アイムコーチング

苫米地式コーチング認定コーチである笠原一星が、苫米地式コーチングを提供しているサイトです。コーチングによって新しい自分に生まれ変わるお手伝いを致します。